ばばーん
03-1
長さ85cm超、太さ3cmのゴボウが84円でした
これできんぴら大量に作りまーす

さて、ゴボウの背後に写っている100均の鏡。
02-1
これは、普段の自分の素の顔を知るために
キッチンに取り付けたものでした。
  その時の記事はこちら→しわたるみに対抗するためにまず己を知る

私、さっきそれでなにげなく自分の顔見て思いました。
『口角が上がってない』と。

きっかけは次女がテレビに映る伊達公子さんを見ての一言。
「綺麗だねー、笑うとき、きゅって口角上がって」
口角上がるお顔立ちで素敵だね、なんて
二人で話していたのですが。

・・・まてよ。
そういえば、モデルさんや接客業の方は
笑い方の練習するって聞いたことある。
あながち造作の違いであきらめるものでもないのかも。

さっそく『口角を上げる方法』でネット検索。

口角には「上げる筋肉」と「下げる筋肉」
があるそうで、その中心となる口周りの口輪筋は
顔のいろいろな場所の筋肉ともつながっているそうです。

口輪筋を放置しておくと固くなりがちで
口角を上げづらくなるばかりでなく
あごや頬や目のたるみ、フェイスラインの崩れにも。

口角が上がっているのが癖になると
たるみや法令線にも良い効果があるだけでなく
それだけで気持ちも元気になるという相乗効果。

わーっっっ
私、口角上げる筋肉、ちゃんと使って鍛えたくなりました

他に口角が上がりづらくなる原因としては
・ムッとした表情のクセ
・頑固な性格
・口呼吸
とのこと。
姿勢も影響するようです。

検索で出てきたネットの記事はこちら→キレイの先生

勉強になりました。
すんばらしい事に気付かせてもらえた気がします。

キレイって、肌がきれいとか
シミシワが無いとかだけじゃないんだ。
日々の生活、いろんなことが合わさった『印象』なんだ。

この気付きは心に刻みます
目指せ、口角上がった機嫌良さそうなおばあちゃん


最後まで読んでくださってありがとうございます
クリックしていただけるととてもうれしいです
 ↓ ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングの皆様、いろいろと参考になります
 ↓ ↓ ↓
50代の生き方ブログランキング
シンプルライフブログランキング